文系だけどエンジニアになりたい就活生は、大手SIerとITベンチャーのどちらを目指すべきか?

スポンサーリンク

はてぶの新着エントリを眺めていると、こんな記事が目に入った。

情報系の就活で悩んでる – はてな匿名ダイアリー

要約すると「文系の大学生だけど、手に職つけたいからエンジニアになりたい。どうせなら新卒カードで大手に行きたいけど、ただ、”スキルがつく”という点で考えると、大手SIerより中小、あるいはベンチャーに行った方がいいのかもしれないと思い悩んでいる。」みたいな感じ。

僕も文系大学生からエンジニアになりたいと思って就活していたクチで、紹介したはてな匿名ダイアリーに書いてる内容も、自分が就活生だった頃に悩んでいたことと非常によく似てると感じた。

だから、もし何かの参考になればと、今になってみて思うことを記事にしてみた。

文系からIT業界、そして大手SIerに入った理由

僕がIT業界を志したのは、ITの華やかで勢いがありそうな雰囲気への漠然とした憧れと「プログラミング」っていう非常に分かりやすいスキルに魅力を感じたからだ。

文系の人、とくに文学部とかの実学系の専攻じゃない人にはわかってもらえると思うんだけど、文系の大学で学ぶことって「それ、何の役にたつの?」みたいなものが多くて、趣味でやってる分にはいいんだけど、就活とかが始まると途端に「ツブシがきかない文系学生」の現実に直面する。

だから経済経営・法律とか情報系のIT・プログラミングとか、すぐに仕事やお金に直結しそうな知識やスキルって、当時すごく羨ましかったんだよね。

それに、僕はそもそも大学の専攻が好きだったわけでも興味があったわけでもなかったので、文系出身でもエンジニアになれることを知って、それなら是が非でもチャレンジしてみたい!という感じでIT業界にいくことを決めた。

数あるIT企業の中から大手SIerに決めたのは、知識ゼロの文系出身者でもしっかり研修してくれるという点と、なんとなく有名だし、上場してて待遇も良さそうだしという程度の考えだった。

あとは先輩が働いてたのと、選考中から何かと良くしてくれためちゃくちゃ優秀なイケメン人事の存在。

つまり、上場してる大企業で、知ってる人がいたから。

我ながら何というか浅い理由だけど、まぁ、学生なんてそんなもんだよね。ね?

文系学生の憧れ「手に職がつくスキル」ってなんだろね

いろいろ話す前に、まずは文系学生がエンジニアになりたい理由の中でも、重要な部分である「手に職がつくスキル」の指す意味をちょっと考えておきたい。

例えば、最初に紹介したはてな匿名ダイアリーを書いた就活生の彼の場合「手に職がつくスキル=プログラミング」だと考えているものと思われる。

さらに別な箇所では「市場価値のある技術力」とも述べているから、たぶん彼の言う「手に職がつくスキル」ってのは、「転職のときにわかりやすくアピールになる技術・経験や、その気になれば自分でWebサービスなりスマホアプリなり作って起業とか出来るようなもの」を考えているのだろうと思われる。

これに関しては、僕も学生の頃から概ね同じことを考えており、なんかプログラミングとかできたら仕事とか困らなさそうでいいなーっていう文系学生の羨望みたいな気持ちはよくわかるつもりだ。

しかしそういう前提に立った場合、たぶん彼がイメージしている「エンジニア」ってのは、SIerのSEじゃない気がしてならない。
どちらかといえばむしろ、Web系ベンチャーのエンジニアに近いだろう。

なお「Webエンジニア」ではあまりにも曖昧すぎるので、ここでは「BtoCの自社プロダクトメインWebサービス企業で働く、アプリケーション・デベロッパー(サーバーサイド時々フロントエンド、必要に迫られてAWSとかのインフラ周りも最低限触れるようになった)くらいの想定と思ってほしい。

そもそもSEってな、プログラミングしないんやで

まず、なんとなくITいいよねって思ってSEになりたいと考えてる人に知っておいてほしいのだけれど、いわゆるSEと呼ばれる人たちは、基本プログラミングはしない。

大事なことだからもう一度言うけど、SEはプログラミングなどしないのだ。

だから、プログラミングがしたい、自分で手を動かしてモノづくりをしたいと考えている人は、SEになってはならない。

仮に、SEになってしまった君があふれる熱意をもって「プログラミングしたいです!させてください!」と偉い人にお願いしたところで、させてもらえる可能性はほとんどない。

なぜかと言うと、SEがプログラミングして、実際に手を動かしてモノづくりしてたんじゃ利益が出なくなるから。

SIerにおけるソフトウェア開発のコストは、ほとんどが人件費だと思っていい。
そこで人件費の高い大手SIerのSEが直々に手を動かしていたのでは、コストがかかって利益を圧迫する。

利益を確保するために稼働コストの高いSEは管理業務に回り、実作業はもっと人件費の安い下請けのプログラマたちがやる。
詳しくは後述するが、業界の構造的にそんな感じになってしまっているのだ。

「じゃあ一体、SEってなにやる人なのよ?」という疑問が浮かぶのが自然な流れだと思うが、語弊とマサカリを恐れずに言えば、SEは「下請けのプログラマたちを管理する人」だ。

だから、SEの主な仕事は「日本語でいろんな説明書を書く」こと。

「こういうシステムを作ります。こういう機能があります。これくらい時間がかかります。こんな感じで品質チェックのテストを行います。テストの結果はこうなりました」みたいなね。

それを一日中、何ヶ月もかけて、何百ページも書く。
そう、君たちが大学でレポート書くのに使ってるのと同じ、Wordでな。

もしくは、下請けの会社の作業員の管理をひたすらExcelで行う。

誰がいつまでに何をしてください、みたいな表をExcelで作って、「進捗どうですか?」って聞く。
聞いたら、またExcelに反映させる。

だから、SEが仕事で最もよく使うツールはExcelだ。ついでWord。
決して、コードを書くテキストエディタやIDEなんかじゃない。Excelな。

これがSEの仕事なんだけど、たぶん、世間のイメージするSE像というか「ITエンジニア」とはちょっと違うのではないかと思う。

何度でも言う。
SEが書くのはソースコードではなく、「日本語」だ。

入社してしまう前に絶対に知っておきたい、SI業界の構造

SI業界には「多重下請け構造」とか「SIピラミッド」とか言われる独特の構造がある。

すげーざっくり説明するとこんな感じ。

SIピラミッド
①まず「元請け」と呼ばれる、大手SIerなどの企業がお客さんから直接仕事をもらってくる。

②次にその「元請け」は、取ってきた仕事をいくらかマージンを抜いた上で、そのまま単価の安い(人件費が安いってこと)下請けに投げる。元請けは、この中間マージンを抜くことで利益を得る。

③さらに、元請けから仕事を受けた下請けは、またいくらかマージンを抜いた上で、今度はさらに人件費の安い「下請けの下請け」に仕事を投げる(これを「孫請け」とか呼ぶ)。

④さらにさらに、下請けの下請け(孫請け)は、またまたマージンを抜いた上で、さらにその下請けに仕事を投げる…

⑤これを、必要なIT土方の頭数が揃うまで繰り返す。

こんな感じで、最終的に元請けSIerを頂点とした多重下請け中間マージン抜きまくりピラミッドが形成されているのが、今のSI業界だ。

この構造では、基本的に単価の高い大手元請けSIerのSEが、自分でプログラミングなんかしているとコストがかかって仕方なくなってしまう。

だから、実作業は下請け以下に任せ、元請けSEは管理業務がメインになる、みたいなダルいことが起こる。

そして、ITが好きだったり、プログラミングとかしたいと思ってるのに、業界の構造を知らずに間違って元請けSEになっちゃった人は、下請けの管理業務ばっかで「全然IT関係ないやんけ!」とブチ切れるハメになるのだ。

ちなみに、じゃあプログラミングがしたければ元請けSIerはやめておいて、下請け以下の会社ではたらくプログラマになれば「お望み通りプログラミングが出来るから幸せ!」「スキルがつくから転職に有利!」かというと、実はそうでもない。

下請けになると、今度はシステムの企画とかお客さんとのやりとりが全く無くなったりして、元請けの命令通りに動く単純作業員としての経験しか積めなかったりして、いわゆる「上流工程」の仕事をする機会がなかったりする。

それに、中間マージンを何重にも抜かれた後の安い単価で働かされることになるから、過酷な労働環境の割に待遇が全然良くなくてブラック労働するハメになりやすかったりという問題もある。

だから、SIピラミッドって、大手元請けSIerなら勝ち組とか下請けならどうだとかじゃなくて、上から下まで等しくしんどい思いをするようになっている気がしてならない。

とまあ、こんな風にSIピラミッドの悪口を言うと、「SIerがなくなったら日本のシステム業界が成り立たない!」とか「じゃあATMは誰が作るんですか!?自動改札は?クレジット決済は??」みたいな感じで、一部の人からすげー勢いで噛みつかれそうで怖いんだけど、それでもあえて言うと、個人的にはあまりSIピラミッドにはお近づきにならないほうが、幸せなエンジニアライフを送れるんじゃないかと思っている。

確かに大手SIerの研修は、ITドシロウトの僕にとって非常に役に立った。

こんなことを言っておきながらも、僕はいわゆる元請けの大手SIerに新卒で入社し、そこで非常に手厚い研修プログラムを受けさせてもらった人間だ。

ITのことやプログラミングのことなんか全く知らなかった僕に、全ての基礎を叩き込んでくれたのは、間違いなくその時の研修のおかげだと思う。

さらに言えば、研修そのもの以上に、何かわからないことがあるたびに情報系出身者をはじめとする優秀な同期たちに、その都度手取り足取り教えてもらえたのが何よりも幸運だったと思う。

そういう点を考えれば、大手SIerに入ってのしっかり研修してもらって学ぶ、というのも悪くはないように思える。

だが、そのあとは運次第。配属先が選べない大企業は「割に合わない賭け」

しかし、研修が終わってSEとして配属された現場では、ITのスキルが身につくような仕事は一切なかった。

そこで僕がやったことといえば、

  • 協力会社の人がやったテスト結果のスクショ(紙)をまとめて表紙をつけてホッチキスでとめる。何百部もな。
  • Excelでガントチャートを作る。関数とか使わない、ただの表な。
  • PC何十台もセットアップする。プロダクトコード(10桁くらいの数字)を入力するだけの簡単なお仕事。

とかまあこんな感じの、要するに技術もクソもない雑用だ。何のスキルもつかない。

研修コストをたっぷりかけた、大卒ホワイトカラーによる高級ハイコスト雑用。バブリーなこった。

一方で、同期の中には実際にコードがかける数少ない部署にいけた奴もいたし、スキルがつくとか以前に、過労死ラインを余裕で超える炎上プロジェクトに放り込まれた奴もいた。

大企業は、はじめの研修こそしっかりしていて素晴らしいものの、そのあとにどんな現場に配属されるかは完全に運だ。

くじ引きみたいなもんで、その後のエンジニア人生が左右されてしまう大企業は、個人的には割に合わない賭けだと思うのだが、どうだろうか。

ちなみに個人的な話をすると、このあと部署が変わったり、結局営業に配属されたりといろいろあったが、最終的にやっぱSIerってクソだなって思って入社してからぴったり1年で辞めてしまった。

辞める少し前、僕が上記のような不平をこぼすと「新人は雑用が当たり前」とか「始めからやりたい仕事ができるなんて甘え。3年は耐えろ」とかありがたい説教をしてくる老人もたくさんいた。

けど、貴重な人生の大切すぎる20代の時間を3年間もどうでもいいことで浪費したくなかったので、自分だけが正しく、周りの連中がおかしいのだと思うことにして、気にせず会社を辞めた。

今でも後悔はしていない。我が人生最高の決断の一つだ。

「どの会社か?」より「どこの現場か?」そして何より「誰に教わるか?」

エンジニアだろうがなんだろうが、仕事人生において重要なのは「その道の達人に教わり、一流のやり方を盗むこと」だと思う。

どこの会社に入るかなんて割とどうでもいいことで、どんな現場で、誰と働けるのか。
どんなメンバーに囲まれ、誰から教えてもらえるのかというのが何よりも重要になる。

その点、先に述べた通り、大企業だと現場も上司も選べない。

大企業だからみんな優秀かというと、全くそんなことはない。
全ては運まかせ。賭けだ。

終わることなき「大手vsベンチャー」論

「大手 vs ベンチャー」を論ずる前に断っておきたいのだけど、私、タカハタは決して公明正大な人間ではない。

むしろエクストリミストというべき完全に偏った人間だし、個人的にはそもそも大企業なんかクソだと思っている。

だから、金持ち大手ならではの手厚い研修を受けてある程度経験を積んだら、3年と言わず3ヶ月でも1年でもいいから、さっさと辞めてしまうのがコスパいい使い方だとすら考えている。

ここからは、そういう人間が記事を書いているという前提で読んでいただけると幸いだ。

大手→ベンチャーは行けるけど、ベンチャー→大手はムリと言う説は本当か?

「大手orベンチャー」の話でよく言われることに「大手からベンチャーに行きたくなったら後から転職できるけど、逆は無理だから、新卒の時はとりあえず大手に入るべき」というのがあるけど、これは一概にそうとも言えないように思う。

まず、「大手からベンチャーへの転職は可能」という前提はおかしいと思う。

そもそも大手とベンチャーじゃ、仕事の仕方も必要な能力も違う。
そして何より、考え方とか空気というか文化が全く違う。

例えば、絶対にミスが出ないように慎重に検討を重ね、何人もの上司にハンコをもらわないと身動きが取れない大企業っぽい感じの進め方しか知らない人だと、ベンチャーの「走りながら考える」スピード感についていけないだろう。

どっちが上とか下みたいな単純な問題じゃなくて、異世界なのだ。育ちが違う人は混ざれない。
「大手の方が市場価値高いからベンチャーでもいける」みたいな勘違いをしていると、多分転職できない。

逆に「ベンチャーから大手にはいけない」という説に関しては、確かにそういう傾向はあるみたいだ。

ただ、「ベンチャーで慣れると、わざわざ大手に行きたいなんて気にならない」とかいう話は聞いたことがある。

だから「ベンチャー→大手に行く人が少ない」=「ベンチャーから大手には行けない」というのは必ずしも成り立たないような気はする。

ベンチャーと大手問題は、合う合わない、向き不向きの問題だと思う。
どっちがより良いかではなく、自分のキャラや性格に合いそうな方を選んだら良いのではなかろうか。

大手だから安心とか、優秀とか、なんか良さそうとか幻想やで

それから、みんながなんとなく感じている「大手だから安心」とか、「大手だからすごい人、優秀な人が沢山いる」とかはもはや幻想だと思った方がいいだろう。

というか、ぶっちゃけ大手とかクソだよクソ。

だってさ、何千億円も粉飾決算してるくせにだーれも責任取らず、監査法人のお墨付きももらえないまま決算報告して「遺憾である」とか言ってる超大手企業があったり、

日本を代表する大学を出た、非常に優秀な若者をあっさり過労自殺に追い込んでしまう大手広告代理店があったりするわけだ。現実として。

「大企業だから無条件に信頼できる」みたいなのって、もはや昔の話だと思う。

それでも、大手に行きたいか?

とりわけ大企業勤めの一部の残念な連中においては、会社のネームバリューとか信用を、いつのまにか自分のチカラであるかのように錯覚し、あたかも自分がエラくなったかのように勘違いして増長する。

そんな人間が寄ってたかっていい気になると、個人レベルのモラルが消失しておかしなことをやり始める。

「上に言われた」とか「みんなやってる」「いままでもこうしてきた」とか何とか言って平気で不正に手を染めたり、弱いものイジメに加担したりと、ロクでもないことが起きているのを止められなくなる。

結局、社会的信用があるとされている大企業だって、蓋を開けてみればそんなもんだ。

もちろん良い人もいれば、どうしようもないアホも信じられないクソ野郎もたくさんいる。

大手だから特別どうのみたいなことは無い。過度な幻想を抱かない方が賢明だろう。

もちろん、せっかくの新卒カードを切るんだから、できるだけ有名大手企業に入って羨望の眼差しを一身に浴びたいという気持ちもよくわかる。
けど個人的には、それだけのために大手で若い貴重な時間を何年も費やす価値があるかといえば、そんなこともなさそうな気はする。

(なお、合コンで社名を振りかざすくらいしかモテる見込みがない、という男性なら入ってみてもいいんじゃない?まぁ、そういう奴はたぶんそれでも大してモテないとおもうけど。)

人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ。
「アルケミスト 夢を旅した少年」パウロ・コエーリョ

「じゃー結局どうすりゃいいのさ?」に対する個人的な回答

じゃあ結局どうすればいいのかと言う話だけど、例えば以下のどちらかなんていかがだろうか。

①大手SIerに入って手厚い研修をぬくぬくと受け、一年くらいで辞めて第二新卒枠でベンチャーに転職する

まずは、研修がしっかりとした大手SIerで、ITやプログラミングの基礎をしっかりと学び、ぬくぬくと育ててもらうのがひとつ。

配属で気に入らない部署になったり、スキルのつかない仕事ばかりでクソだなってなったら転職しよう。
新卒から3年以内のうちなら「第二新卒」と言って、経験が浅くてもポテンシャルを見てもらえて、わりと転職しやすかったりするのでオススメだ。

もし、大手SIerで奇跡的に楽しい仕事、スキルのつく仕事を任せてもらえるようなら、そのままそこで頑張ればいい。

②学生のうちにプログラミングスクールか何かでしっかりと基礎を学び、新卒時からベンチャーで頑張る

もうひとつは、今のうちから頑張ってプログラミングを勉強し、社会に出るまでにできるだけ自分で努力してキャッチアップすることだ。

「自分で努力」と言っても、独学で勉強しろというわけではなく、絶対に詳しい人に教えてもらったほうがいい。

文系出身の人間にとって、プログラミングは独学でどうにか出来るものと思わないほうがいい。

絶対に人に習おう。ドシロウトが独学でいくら頑張っても時間の無駄だ。

もし身近にプログラミングできる人がいなければ、オンラインのプログラミングスクールにでも通うことを検討すべきだ。
安くはない出費だが、長い目で見れば必ず回収できる投資だと思うぞ。

自分の目指すキャリアを歩んでいる人を見つけて、直接聞いてみよう

それから多分一番いいのは、いったん大手とかベンチャーみたいな企業規模とか業態のくくりで考えるのをやめて、「この人みたいになりたい!」っていうスーパーエンジニアなりなんなり、モデルとなるイケてる人を見つけて、その人の歩んできた道を調べてみることをお勧めする。

自分のイメージするキャリア・人生を実現するには、実際にその道を歩んでいる人に会って、直接その人に聞くのが一番だ。
幸いなことに、学生のうちならそれが許されるはず。

次に、そういうモデルとなる人の見つけ方だけど、今の時代ならググるなりtwitterとかFacebook、Linkedinで探すなり、いくらでも方法があると思う。

都内に住んでいるなら、エンジニア向けの勉強会がたくさん開催されているから、そういうところに顔を出してみるといい。

そして、うまくそういう人を見つけることができたら、勇気を出して直接メッセージを送ってみよう。

忙しいエンジニア先輩の大切な時間を割いてもらっていることを忘れずに、礼儀をわきまえて丁寧にお願いすれば、学生さんのお話なら聞いてあげようって思う社会人は結構多いはず。

それに、よく考えてみれば、実はお願いして断られたって別に失うものなどない。

メールやメッセージを送るコストなんてほぼゼロだし、たとえちょっとくらい失礼があったとしても、学生さんなら仕方ないよねって感じで本気で怒る奴はそういない。
もちろん、「こういう奴がこんなメッセージを送ってきやがった!」みたいに人事にいちいち報告する奴もまずいない。

「こうなりたい」という人への直メッセージ攻撃は、ほぼノーリスクハイリターンなのだ。

それに社会人だからといって、学生とそう大きく違うわけじゃない。

人事部からの命令で、就活生から見える範囲ではピシッとしてるだろうけど、まぁ言ってしまえば同じ人間だ。

仕事が終われば飲み屋で大騒ぎしたり、同期の誰が可愛いだの、あの会社の受付嬢はマジでヤバいだの、あの上司がウザいだの、そんなもんだ。

(もし機会があれば、金曜の晩の新橋駅周辺、あるいは終電間際の山手線なんかを見てみるといい。社会人諸氏のどうしようもない姿が嫌というほど見られる)

なので、あまり社会人を怖がらずにまずはメッセージ送るなりリプ飛ばすなりして聞いてみよう。

また、もしこのブログを見ていて、もしその勇気があれば、お問い合わせフォームから連絡をくれれば、僕でよければ相談に乗る。

あと、ぼく自身はそれほど大したエンジニアではないが(というか会社員経験が短すぎて語れることも限られている)、某大手SIerの現役SEとか人事・採用担当の偉い人とか、渋谷の有名ITベンチャーの現役エンジニアとか、僕の周りには活躍してる人がたくさんいる。

そういう人に実際のところを聞いてあげることもできるかもしれないし、もし、君がまともなイイ奴だとわかれば、紹介することもできるかもしれない。

はてな匿名ダイアリーの彼へ。はてぶのコメント欄なんかに惑わされるな

とにかく、人生に関わる重大な選択を、はてぶのコメント欄なんかの意見に左右されないでほしい。
はてぶのコメント欄なんかで息巻いてる、どこの馬の骨ともわからない連中の意見を聞いてはならない。

自分のイメージするキャリア・人生を実際に歩んでいる人に会って、直接その人の言うことを聞くようにしてほしい。
できれば、そういう人を何人か見つけることができれば最高だ。

君がどうにかして、自分がこうなりたいとイメージする人生を歩んでいる人を見つけて、その人と話し、直接教えを受けられるよう祈っている。

がんばれ就活生!

ABOUTこの記事をかいた人

職業:遊び人。1日の半分は睡眠時間の超ロングスリーパー。元大手IT企業のサラリーマンだったが、ブラックな労働環境で体を壊した挙句クビになり、やむをえず独立。それ以来定職にもつかず、半分遊びのようなヌルい仕事をしながら適当に暮らしている。良く言えばノマドワーカー。 詳しいプロフィールはこちら