【ジムトレーナー必見?】格闘技の用語を英語で何て言うのか、自分なりにまとめたので公開します

muai-thai-fighters
Photo by Pablo Rebolledo on Unsplash
スポンサーリンク

格闘技用語で、英語でなんて言うのかわからない時があるので調べてみた。
自分用のメモだけど意外とまとまってるサイトなさそうなので公開してみます!

注意事項
英語っぽいのに実はそのままでは意味が通じない要注意なやつは太字にしてます。
・訳語の根拠は普段筆者が見ているYouTubeの英語の動画や、昔一瞬行ったタイ国のムエタイジム内での会話が主です。あとはGoogle。間違ってたり、もっといい言葉があればぜひ教えて欲しいです。
・英語の発音をカタカナで書くのは非常に好ましくありませんが、ふだん英語の綴りも発音記号も読まない方でも手っ取り早く使えるように、あえてカタカナで書いてます。英語学習の面から見て云々とかのツッコミは受け付けませんのでよろしくな!
・私はプロのトレーナーでもなければネイティブでもないので、間違ってるものもあるかもしれません。間違ってたり通じなかった単語や、あるいは調べて欲しい単語、こんな言い回しが知りたいなどあればお問い合わせフォームからご連絡いただくか、@sutaba_macにリプかDMください。

パンチ系用語

  • ジャブ → Jab (ジャブ)
  • ストレート → Cross (クロス)
  • フック → Hook (フック)
  • アッパー → Uppercut (アッパーカット)

  • ヒジ → Elbow, Elbow strike (エルボー、エルボー- ストライク)

  • 縦ヒジ → Vertical Elbow strike (バーティカル- エルボー)
  • 横ヒジ → Horizontal Elbow strike (ホリゾンタル- エルボー)

キック、蹴り系用語

  • 蹴り → kick
  • 回し蹴り → Roundhouse kick(ラウンドハウスキック)
  • 前蹴り → Teep, Push kick (ティープ、プッシュキック)
    Frontkickでも通じるかもしれないが、ムエタイやキックボクシングの前蹴りとはちょっと違うものを指す気がする。
    Teepはタイ語だと思うんだけど、タイ北部のムエタイジムで「ティープ」って言っても通じず、Front push kickって言ったらわかってもらえたことがある。発音の問題?

  • ローキック → Leg kick, Low kick
    「ローキック」でも通じると思うが、leg kickの方がよく見かけるイメージ。

  • ミドルキック → middle kick, body kick

  • ハイキック →  High kick, head kick
  • カーフキック → calf kick
    カーフは「スネ」。MMAでよく見られる蹴りだけど、最近はキックでも使う選手が増えてきた。キャッチされにくいのと、特にパンチの間合いだと見えにくいので良い。

  • ヒザ → Knee, Knee strike (ニー、ニー- ストライク)
    ちなみに、相手のヒザ付近を前から蹴るやつ(関節蹴り?)はThe oblique kick, Knee stompっていうらしい。

  • 首相撲 → clinch (クリンチ)
    ボクシングのクリンチもムエタイの首相撲も「クリンチ」だけど、ムエタイ式首相撲の方は”muai thai clinck(ムエタイクリンチ)”って言えばわかってもらえる気がする。

  • 前側(ジャブ打つ方) → Lead side (リードサイド)

  • 前手 → Lead hand (リードハンド)

  • 奥側(ストレート打つ方) → Rear side (リアサイド)

前手のフックならLead Hook、奥手のアッパーはRear Uppercutみたいに言えば通じるはず。

  • サウスポー → left-handed, lefty, southpaw (レフト- ハンデッド、レフティー、サウスポー)
    いわゆる「サウスポー」は古い言い方らしい。通じなくはないと思うけどどうなんだろ。
    「利き手はどっち?」って聞くのは”Are you right-handed or left-handed?”って言えばいいんだって。

ガード、ディフェンス関連

  • ガード → Guard(ガード)
  • ハイガード → High guard
  • ロングガード → Long guard
  • カット(蹴りをガードする方) → Shin Check (シン- チェック), Block(ブロック)
    英語では蹴りに対するディフェンスを「カット」とは呼ばないっぽい。(じゃあ、いったい誰がカットって言い始めたんだ…)
    いわゆる足を上げてスネで相手の蹴りを止めるディフェンスは”check”、あるいは単に”block”だって。

  • カット(額などの切り傷、出血) → Cuts ,lacerations (カット、ラーサレイションズ)
    こちらはそのまま「カット」で通じるっぽい。ちなみに出血は”Bleeding(ブリーディング)”。

身体の各部位

  • 頭 → Head (ヘッド)
  • アゴ → Chin(チン)
  • スネ → Shin (シン)
  • ヒジ → Elbow (エルボー)

用具類

  • サンドバッグ → Heavybag, Punching bag (ヘビーバッグ, パンチングバッグ)
    英語で「サンドバッグ」って言うと「土嚢」を指すらしい。誰だよサンドバッグって言い始めたやつ…

その他

  • 45度 → forty-five degree angle (フォーティファイブ ディグリー アングル)
  • 90度 → ninety degree angle (ナインティ ディグリー アングル)

そのうち書く

  • パーリング
  • ブロック、ブロッキング
  • ヘッドスリップ
  • ダッキング
  • ウィービング
  • スウェーバック
  • バックステップ
  • キャッチ

  • ミット

  • グローブ
  • レガース

さいごに

今後も思いついたら随時更新するつもりなので、間違ってたり通じなかった単語や、あるいは調べて欲しい単語、こんな言い回しが知りたいなどあればお問い合わせフォームからご連絡いただくか、@sutaba_macにリプかDMくださいませ〜

muai-thai-fighters

ABOUTこの記事をかいた人

職業:遊び人。1日の半分は睡眠時間の超ロングスリーパー。元大手IT企業のサラリーマンだったが、ブラックな労働環境で体を壊した挙句クビになり、やむをえず独立。それ以来定職にもつかず、半分遊びのようなヌルい仕事をしながら適当に暮らしている。良く言えばノマドワーカー。 詳しいプロフィールはこちら